葬儀に参列する心構え

ここでは、葬儀に参列する側の心構えについてを考えたい。葬儀の中でも通夜は、突然なことも多く仕事先や遠方から駆けつけることもあり、必ずしも喪服でなければならないというものではないが、明るい色の服装をしている際には、黒いジャケットを上から羽織るなどの配慮が必要でしょう。故人のためにとにかく急いで駆けつけましたという思いの方が大切なので、故人や喪主との間柄にもよります。以前の通夜は、一晩を徹して行われるものでしたが、昨今では午後6時~10時の間で行う「半通夜」というものが多くなってきています。香典の金額などは故人との関係により【異なりますが500円~が一般的なようです。

通夜と告別式の違い

葬儀の通夜と告別式、両方のお知らせを受けた場合どちらに参列すべきなのか戸惑う方も多いでしょう。本来、通夜は遺族や近親者など親しい人など故人と深い関わりを持っていた人が集まって別れをオシムのですが、告別式に参列できなかった場合や両方参列する場合なども多く、厳密には決まっていません。地方によっても葬儀に対する考え方は大きく違うようです。身近な方に相談して見るのもいいでしょう。告別式に参列する場合は、故人との最期のお別れの式でもあるので、くれぐれも服装には気を遣いましょう。ただ、喪服が用意できなくてもそれに近い服装でも構いません。

新着情報

2013-07-19 神奈川の素敵な霊園が追加されました。
2012-12-14 葬儀を行う前に知るが追加されました。
2012-12-14 日本の歴史と葬儀が追加されました。
2012-12-14 葬儀代と仕組みとはが追加されました。
2012-12-14 トップページが追加されました。

通夜と告別式に関する情報