トップ >> 葬儀の歴史から今を考える

昔の葬儀と今の葬儀の違い

現在の日本における葬儀の形式は、ほとんどが仏式でその後火葬というのがが主流となっていますが、歴史的にはどのように変わってきたのでしょうか。縄文時代頃から死者を埋葬することをしていたというのが、遺跡から分かっています。その頃の腕を曲げて体を負った状態で葬られた屈葬は、死者の魂を封じ込めたのだとする見解が強いと言われています。弥生時代に入ると、この頃も土葬が主流ですが、穴を掘ったり石を置いたりする墓のようなものが確認されるようになります。近年でも地方によっては、火葬が難しいということもあり土葬している地域も存在します。江戸時代に見るような縦に深い桶のような中に体を曲げて入り、容器ごと土中に埋葬します。

何がどう変わったのか

葬儀の形式の変化は、埋葬から火葬へ変化しただけでなく。時代背景も強く影響しており、遺されたものにとって一番いいものを選択できるようにもなってきています。近年では、家族葬や密葬などの形式を取るケースも多く、身内だけでひっそりとというのが主流になってきています。そこには、核家族化や葬儀にお金をかけず故人が生前お世話になった方へのお礼や通知に使用したり、遺された家族の今後に残す方が多いようです。近年では、土地の高騰や墓守を出来る家族がいないなどの理由から、墓を建てる家も少なくなり共同墓地に預けて永年供養してもらう方も増えています。

通夜と告別式に関する情報