トップ >> 葬儀についての故人の希望

葬儀にもさまざまなプランあり

最近の葬儀は多様化していて、一般葬や家族葬や火葬葬といったものがあります。現在は家計の事情もあり、お葬式にも費用をかけれないとう事情もあります。ゆえにお葬式もシンプル化しているのです。高齢化社会ということもあり、その人がお亡くなりになった場合、多くの人が参列できない場合もあります。そういった場合にも、様々なプランを用意して葬儀会社は対応しています。葬儀もコンパクト化していくので、第三者の参列もだんだんと減少している現状です。

心安らぐ家族葬という葬儀の形

入院で闘病生活が長かった祖父は、身内だけでひっそりと行う家族葬を希望してました。経済的だけど、寂しい葬儀のイメージが実際は違い、身内だけで静かに見送る事ができ、他人に気遣いせず、安らかな気持ちで故人を偲べたのが良かったです。担当の方に細かい所まで気配りして頂き、心安らぐ暖かい家族葬ができ祖父も喜んでいるでしょう。祭壇には、祖父の趣味の絵手紙が並べられ、家族や親戚と一緒の思い出の写真がスクリーンで上映され、今までの葬儀よりも参列者と故人の思い出をたくさん語り合えたのも良かったです。

通夜と告別式に関する情報