トップ >> 葬儀を行うということ

近親者の葬儀はどうするのか

家族や親しい人の逝去に接し、葬儀を行うことになった場合。何から準備をすべきなのか戸惑うこともしばしばあります。病院で逝去された場合は、病院側が葬儀社を手配し、その仕切りで幾つかあるプランの中から選択していく場合が多いようです。自宅で逝去した場合には、一旦、医師の死亡診断が必要となるため勝手に手配はできません。まずは救急車を呼ぶか、予め予測できていた場合には掛かり付けの医師に連絡しましょう。気が動転して警察や葬儀社へ連絡する方も居ます。連絡すれば正しい手順を教えていただけますが、まずは病院と心得ましょう。

故人の希望を聞いてた場合

葬儀を行う際、最近では故人の希望を汲んで行うことも多いそうです。本人からすれば、葬儀をしてくれるだけでも有難いので希望を言うなんてとお思いの方もいるでしょうが、遺された家族からすれば、最期のお見送りをどう故人の喜ぶようにしてあげてら良いか悩む方も多いのです。特に式はしなくていいと強く言われていた場合には、親戚や周りの方からの理解は難しいようです。では、どうすればいいのか?生前に大切なことを書き記しておく「エンディングノート」を活用してみてはいかがでしょうか?直筆で残っていれば理解も得られるでしょう。また、故人の希望を組んだ式もすることができます。

通夜と告別式に関する情報