トップ >> 葬儀に関する一般的

葬儀にかかるお金の常識

葬儀にかかるお金ってどのくらいかご存知でしょうか?形式や参列する人数によっても異なるのですが、平均的な金額を調べてみました。一般的な家族や親族のみで慎ましやかに行う場合は、60万円~150万円ほど。一般参列者(40名規模)も交えて行う場合は、70万円~140万円ほど。一般参列者が100名ともなると85万円~200万円ほど。社葬は、400万円~780万円ほど。火葬のみの場合(密葬等)は、8万円~30万円ほど。他にもバンドや映像などプロデュースする葬儀などもある。葬儀会社によっても異なるが、平均的な金額です。

どこにお金をかけますか?

葬儀は多少なりともお金がかかるものですが、自分だったらどこにお金をかけますか?棺桶にかける方。お墓、僧侶、お花、料理、祖供養、遺影、戒名、香典返しなど葬儀にまつわるものは数多くあります。金額的なこともありますが、故人を大切に悔いのないよう素敵なお見送りができるといいですね。参考までに、日本人の葬儀費用は平均231万円。海外のイギリスの12万円、韓国の37万円と比べてみたら歴然!格段に高いことが分かる。アメリカでも44万円が平均という。日本でも今は、お金をなるべくかけずに内容を重視したいという方が多くなり、希望に沿った対応をしてくれる会社も多いです。

通夜と告別式に関する情報